<< 団長かんなのマレーシア潜入レポ ◆1◆ マレーシアのローカルフード | main | 団長かんなのマレーシア潜入レポ ◆2◆ マレーシアで展開する日本ラーメン 一風堂 >>
2016.08.09 Tuesday

『ファンくる』レポートを参考に褒めて褒めて褒めまくる!! 〜スタッフやアルバイトは、褒められるとひとりで伸びるんです〜

今回の記事は特別に、『ファンくる』導入店舗のスタッフに直接インタビューさせて頂いています。

この動画だけでも内容が十分に伝わりますので、動画だけでもご覧いただけたらと思います。(もちろん記事を下まで読んでいただけると、とても嬉しいです)

 

 

 

かんなオッス!!

飲食店応援団、団長のキラほしかんなキラほしです。

 

外食業界でがんばっている全てのお店が、

もっともっと元気でハッピーになるための情報をこまめに発信していきます。

 

 

ツトムかんなさんっ!! 今日はこの前の続きですよね?!

 

 

 

かんなお、おつかれさまツトムくん。今日はやる気に満ちてるわね…?

 

 

ツトムもちろんですよ!! 前回の最後にかんなさんに焦らされて終わってしまった、
「アルバイトが楽しく働いて辞めない、好循環な仕組みつくり」
について教えていただける約束ですよね??

 

 

かんなあら、そんなに楽しみにしてくれていたの?

 

 

ツトムはい、自分は大学の時に2年ほど居酒屋で働いてました。楽しくなかったわけじゃないんですが、ルーチン業務に飽きてしまったというか、毎日同じことをしている感じがしたというか…ともかくそれで辞めたんですゆう★
でも前回のかんなさんの話を聞いて、居酒屋の仕事がもっともっと楽しければ、続けていたかもしれない、と思いまして。

 

 

かんなそうね。居酒屋の主力は大学生のアルバイトだけど、ツトム君と同じような理由で辞めてしまう人は多いわ。
実際に、アルバイトスタッフも「成長」や「やりがい」を求めている、というデータもあるのよ!!

 

 

 

 

 

ツトムボクだけじゃなかったんですね…!

 

 

 

かんなだから私たちは、

■『ファンくる』を使って、アルバイトに「成長」や「やりがい」を感じてもらえる仕組み

■ 楽しく働いてもらえる仕組みづくり

サポ―トしている、というわけ。

 

 

まずは『ファンくる』レポートがスタッフを褒めます

 

 

ツトム具体的には、やはり店舗スタッフ全員での『ファンくる』レポートからの改善活動ですか…?

 

 

 

かんなツトムくん、前回の内容をバッチリ覚えていてくれて嬉しいわ!
でも私は、「スタッフが楽しく成長できる環境」はそれだけでは足りない、と考えているの。

 

 

ツトムというのは…?

 

 

 

かんなもし、小さな改善を考えたアルバイトスタッフがいたら、店長から、「ありがとう!」とか、「さすがだな!」と褒めてもらえたら嬉しいわよね。

 

 

ツトムそれはもちろんです。

 

 

 

かんなそうね。でも、褒めることが苦手な店長さんもいるし、店長になったばかりで毎日忙しくて、つい忘れてしまう店長さんもいると思うのゆう★

 

 

ツトム褒められないと、ちょっと悲しい気持ちになりますねあせ
自分のアイデア、店長は気に入らなかったのかな、とか。

 

 

かんなそういうムラがあると良くないでしょ。

だからまずは、『ファンくる』レポートがスタッフを褒めるのよ。
スタッフは全員、お客さんから良く見えるところに名札を付けておいて、お客さんに書いていただくアンケートの中で、「いちばん輝いていたスタッフは誰でしたか?」と実際に名前を書いてもらうの。

 

 

 

 

ツトムレポートに自分の名前が書かれる、ということですか?! それはすごい!!ゆう★

 

 

 

かんなね、テンションが上がるでしょう?
お客さんにとって、そのスタッフの接客はとても気持ちが良く、楽しく食事ができたという事。スタッフにとって、こんなに嬉しいことは無いわ。
さらに、「輝いていたと思う理由」もしっかり書いてもらえるのよ。

 

 

ツトム笑顔が素敵だったとか、下げものが早かったとか…?

 

 

 

かんな季節のおすすめメニューの説明が上手だったとか、勧められたデザートが美味しそうでつい頼んでしまったとか、いろいろよ。

 

 

ツトム自分の接客のどこが良かったのか、具体的に分かるんですね!

 

 

 

かんなそうすれば、店舗ミーティングで自分の褒められたところを発表したり、他の人の発表を聞いて自分の接客の中に取り込んでみたり…いろいろ工夫ができるわ。

 

 

ツトム自分だけじゃなくてみんなができるようになれば、店舗のサービスレベルがぐっと高まりますね!!

 

 

 

 

かんな

さらに『ファンくる』は、1つの店舗に1ヶ月あたり5から10のレポートが集まるから、ベテランスタッフばかりではなくて、まだまだ不慣れな新人さんや、研修中スタッフが褒められる可能性も高いの。
まだ慣れてなくて自信がない時にお客さんから直接褒められれば、はやく自信もつくし、仕事もすぐにおもしろくなるわ。辞めようなんて、思わなくなる。

 

 

ツトム確かに、大学生で接客のアルバイトははじめて、というスタッフも多いですからね!!
お客さまに褒めていただけるチャンスなんてそうそう無いですから、とっても嬉しいし、もっとがんばろうと思いますよ!

 

 

 

店長も、スタッフをどんどん褒めてください

 

 

 

かんな『ファンくる』レポートに「輝いているスタッフの名前」「お客様が輝いていると思った理由」が書いてある、ということはツトムくん、どういう事だか分かるかな?

 

 

ツトムえと、スタッフは名前を書いてもらえるようにがんばろう、って思います!!

 

 

 

かんなうーん、45点ね!

 

 

 

ツトムえー…

 

 

 

かんなそのレポートは、もちろん店長も読むわ。
店長にとって、「こんなに良いこと書いてもらえるなんてすごいな! がんばってるな!」とスタッフに声をかけやすい、つまり褒めやすい状況が整っているのよ!!

 

 

ツトムそうか、なるほど!!

 

 

 

 

 

かんなお客様に褒めてもらえることは、スタッフにとってはもちろん嬉しいことだわ。
でも、がんばりを店長に褒めてもらうこと、つまり認めてもらうことも同じくらい嬉しいことだと思うの。

 

 

 

ツトムすごい…すごいですよかんなさん、ぼく、そういう店で働きたかったです!!

 

 

 

かんな何を言っているのツトムくん。今ツトムくんは、そういうお店をもっと増やしていく立場なのよ。

 

 

 

ツトム!! そうか、ぼく頑張ります!
お客さんにとって素敵なお店は、働くすべてのスタッフにとっても素敵なお店なんですね!!

 

 

かんなここに、『ファンくる』導入店舗で働いているスタッフに、実際にインタビューした動画があるわ。
私が伝えたいことが全部詰まっているから、一緒に見ておいてね、ツトムくん!!

 

 

 

 

 

 

 

※記事内のグラフは、2015年9月20日〜10月12日、『ファンくる』のモニター応募時にWEBアンケートを実施し、1,970名から有効回答を得たものです。(卒業・転居等の外部要因の回答を除く)

 

まずはお気軽にお問合せください。

この記事のトラックバックURL
トラックバック