<< 『ファンくる』が納品する覆面調査レポート1年分を、高く積み上げてみました | main | 『ファンくる』レポートを参考に褒めて褒めて褒めまくる!! 〜スタッフやアルバイトは、褒められるとひとりで伸びるんです〜 >>
2016.08.09 Tuesday

団長かんなのマレーシア潜入レポ ◆1◆ マレーシアのローカルフード

かんなオッス!!

飲食店応援団、団長のキラほしかんなキラほしです。

 

外食業界でがんばっている全てのお店が、

もっともっと元気でハッピーになるための情報をこまめに発信していきます。

 

7月末。わたくしかんな、実際にマレーシアに出張に行ってきました!! 

ので、今回は現地のローカルフードの事、マレーシアに出店している日本食の事、いろいろとお伝えしていきたいと思います。

 

 

こちらは、マレーシアといえば!! でみなさんが思い浮かべる有名なローカルフード「ナシレマ」です。

ココナッツミルクで炊いたごはんとスパイシーなチキンの組合せが鉄板で、

 

・小魚のフライを乗せる

・更にスパイシーなカレーが付く

・生野菜の付け合せが添えられている

・ゆで卵も添えられている

 

ということで、写真のような組み合わせになることが多いです。

本当のナシレマは全てをバナナの葉でくるんだもの らしいのですが、一般のレストランでは普通のお皿に乗っていることが多かったです。ちょっと残念ゆう★

 

 

 

 

特別に着色した青いご飯もあります。ドキドキしながら食べましたが、味は白いご飯と同じココナッツミルク味でした…写真で見るとびっくりしますね。

 

このナシレマを、地元マレー系の方たちは器用に右手の手づかみで食べます。
(フォークやスプーンといった道具や左手は使いません)
ご飯を崩し、カレーと混ぜ合わせ、チキンにかぶりついて、あっという間に骨だけが残ります。ご飯一粒、カレーひとしずくも残っていません。
食事中も、カトラリーと皿がぶつかるカチャカチャという音がしないので、大きなチキンに悪戦苦闘しながらスプーンとフォークで崩そうとする私は、とても不器用で「手馴れていない」ように見えただろうと思いますkyu

 

しかしチキンは何種類ものスパイスに付け込んで作る独自の味で、とっても美味しいですてれネコランチ南国だ! 熱帯に来たぞ! という熱を掻き立てられます。

カレーは最初からご飯に掛っているのが普通なようですが、

とーーーーーっても辛い辛いので、特別に別皿にしてもらいました。
初めて食べる時は、少しずつかけることをオススメします。
(私は辛いのが苦手なので、特に辛く感じたのかもしれません)

 

他にも、マレーシアのローカルフードはムスリムの方が食べられる、チキン、卵、魚の揚げ物が多いです。どれもスパイシーで美味しく、食欲が熱く盛り上がります。
そうすると、南国ならではの冷たくて薄いビールが飲みたくなる…のですが、

ハラルマークのあるお店にはお酒が置いてありません!! 飲むつもりで行くときは、充分に注意が必要です。
ですがお酒が飲めるレストランも多いので、調べればすぐ見つかると思います。タイガーとカールスバーグを置いているお店が多かったです。

 

ティラピア

 

 

矢印こちらはティラピアのまるごとフライ。白身で臭みもなく、とても美味しいですおいしい

 

 

 

サテー

 

矢印こちらはサテーと呼ばれるローカルフードの一つ。肉の串焼きとご飯の組合せです。
濃い味の串焼きと、濃い味のごはん という病み付きになる組合せ。
付け合せてある魚のぱりぱりせんべいも、いろいろなメニューのサイドに良く見ました。

 

 

 

マレーシア夜景

 

 

いかがでしたか?
南国マレーシア気分を味わっていただいて、マレーシアに行くときはゼヒ、いろいろなローカルフードを食べてみてください。

急成長が著しいマレーシア中心部。駅の周辺にはショッピングモール・ビジネスビルが立ち並び、ユニクロやラーメン屋等、日本発信の店舗が目立ちます。

 

次は、みなさんおなじみの博多豚骨ラーメン、「一風堂 マレーシアパビリオン店」の様子をお届けします!!

 

 

まずはお気軽にお問合せください。

この記事のトラックバックURL
トラックバック