<< ドシドシ新規客が入ってくる!簡単店頭POPづくりに大事な3つの事 | main | ファンくる導入店舗紹介 ◆2◆ Public House THE OLD ROCK 神田店 >>
2016.08.25 Thursday

『ファンくる』はお客さまからの客観的な評価です 〜店長の人事評価や、マネージャーの業務支援にも活躍します〜

かんなオッス!!

飲食店応援団、団長のキラほしかんなキラほしです。

 

外食業界でがんばっている全てのお店が、

もっともっと元気でハッピーになるための情報をこまめに発信していきます。

 

今回は、『ファンくる』が飲食店の本部の中でどのように使われているかをバッチリお話しするわよ、ツトムくん!

 

ツトム確かに、前回までは『ファンくる』を店舗でどう使っているのか。というお話でした。

 

 

 

かんなそうねstar

『ファンくる』を導入していただく目的

大きく分けると3つあって、
1つめは、「リピーターを増やして店舗の売上を上げること」
2つめは、「アルバイトスタッフを褒めて成長とやりがいを生み、離職率を低下させること」

そして3つめが、「本部からの店舗の評価・マネジメントを手助けすること」なのよ。

 

 

『ファンくる』は、マネージャーの業務をサポートします

 

ツトム飲食店の本部ですか…具体的には、どのような人たちが『ファンくる』を使っているのですか?

 

 

 

かんなまずは、マネージャーの人たちね。

 

 

 

ツトムマネージャー…? とは?

 

 

 

かんなまあぁぁっっったく勉強不足よ、ツトムくん!!


マネージャーというのは、店長の上司にあたる人たちで、1人で複数の店舗を管理しているの。定期的に店舗を訪問して、味、サービス、清潔さ等のチェックをしたり、店舗と店長の教育をすることが主な仕事ね。企業によってはスーパーバイザーとも言うわね。

 

 

 

ツトムなるほど。そのマネージャーも、『ファンくる』のレポートをチェックするのですか?

 

 

 

かんなそうよ。実際に店舗に行く間隔は、他の店舗との兼ね合いで長く空いてしまうこともあるわ。そうすると、なかなか現場のことがすべて分かるとは言えないでしょう?
お客様が実際に、「何が良くて何が悪いと思ったのか」を知るには、『ファンくる』のレポートをチェックすることで、店舗に行かずとも状況を知ることができるの。
しかも、ファンくるのレポートはお客様が提出してから3営業日以内にマネージャーの手元に届くから、タイムリーに把握できるってわけ。

 

 

ツトムそうか、もし「食器を下げるタイミングが遅かった」というレポートがあれば、マネージャーは店舗に行って、そこを重点的に指導をすれば良い、というわけですね。

 

 

 

かんなのんのんのん、ツトムくん、甘いわDocomo88

 

 

 

ツトムえー…(かんなさん、古い…)

 

 

 

かんな前々回に教えたことを思いだして。そんなご指摘をいただいたら、店舗ではなにをするのだった?

 

 

 

ツトムそうか、まず店舗ミーティングで、どうすれば改善できるか全員で話し合います!!

 

 

 

かんなそうね。バッシングについてご指摘いただいたとしても、マネージャーがすぐにお店に行く必要は無いわ。お店のスタッフは自分たちで対策を考えてくれるから、お店を周る予定はそのままで良いのよ。

 

 

ツトムでも、次に行くまでのあいだ…気になりません?

 

 

 

かんなうふふ。じゃあ、店舗に電話しましょう。スタッフはどんな改善策を考えたのか、全員でできるように教えあっているかどうか、店長ならきっと把握しているわ。

 

 

 

 

 

ツトム確かに、それなら安心だし、店舗にすぐに行く必要はありませんね!

 

 

 

かんな『ファンくる』は、たくさんの店舗を管理するマネージャーを、ガッチリとサポートするツールでもあるのよ!!

 

『ファンくる』は、「公平な人事評価の実現」もサポートします

 

かんな更にマネージャーは、店長の人事評価をする役割もあるのよ。でも、なかなか頻繁に会えない店長の評価は難しいわ。

 

 

 

ツトム店長の評価は、店の売上ではないのですか?

 

 

 

かんなもちろん、店の売上や利益はとても大切だわ。
でも、立地は店舗それぞれで条件が違うし、すぐ近くに競合の飲食店があるかもしれない利益が良くないからその店長のマネジメント能力が低いのかというと、売上や利益だけで一概に決めたら不公平…だと思わない?

 

 

ツトムそれは、店長の暴動が起きそうです!!

 

 

 

かんなだから、マネージャーは売上とは異なる面から店長を評価するの。
例えば店舗の改善ミーティングがしっかり運用できているかとか、『ファンくる』でお客さまからの指摘事項が減ったかどうかとか。
『ファンくる』は、マネージャーが店長を公平に評価する。これをサポートできるツールなのよ!!

 

 

ツトムなるほど、店の売上だけではなく、日々の頑張りもちゃんと評価されるわけですね!!

 

 

かんなツトムくん。『ファンくる』を導入して頂いている企業にはね、『ファンくる』の点数がそのまま店長の人事評価に直結する企業もあるのよ!!

 

 

ツトム直結…ですか?!

 

 

かんなそう。さっきの話はあくまで、『ファンくる』はマネージャーが店長を評価するときのサポートができる、という話だったでしょう。

 

 

ツトムはい。直結ということは、もっと『ファンくる』に重きがおかれている、ということですか?

 

 

かんなその通り。ある企業では、店長を評価する割合が
売上や利益等の業績評価が35%
マネージャーからの評価が25%

そして『ファンくる』で集めたお客さまからの声が40% という構成になっているのよ!!

 

 

 

ツトム『ファンくる』の割合が一番大きいじゃないですか?!ゆう★

 

 

かんな人事評価というのはね、その会社の考え方が現れるわ。
その会社にとっては、店舗の利益よりもお客さまの声の方が重要、ということよ。
そしてその採点に『ファンくる』を使って頂けて、本当にありがたいことだわ。

 

ツトム店舗の利益よりもお客さまの声が大事、ですか…

 

 

かんな今、外食業界全体で、お客さまからの声を客観的な評価として取り入れる企業が増えているわ。
『ファンくる』は1ヶ月1店舗あたり、5枚とか10枚のレポートが集まるでしょう。
それだけ多くのお客さまの声が集まるということは、そのレポートを半年から1年分集めて平均を取れば、それはお客さまからの客観的な評価になるということで、重要な項目として使っていただいているのよ。

 

 

ツトムなるほど、たくさんのお客さまの声を集めるには、『ファンくる』はピッタリですね!!

 

 

かんな『ファンくる』は、飲食店の中でもとても重要な、「人事評価を行う人事部」と、「店舗を管理するマネージャー」に使っていただいているサービスなの。
これからも気を引き締めて、『ファンくる』を運営していきましょうね、ツトムくん!!

 

 

ツトムはい、かんなさん。ぼく、がんばります!!

 

 

 

まずはお気軽にお問合せください。

この記事のトラックバックURL
トラックバック