<< ファンくる導入店舗紹介 ◆2◆ Public House THE OLD ROCK 神田店 | main | アルバイトを最高の戦力に育てる!!外食業界大注目の「成果発表会」とは >>
2016.09.14 Wednesday

新規客がどんどん来る!すぐできる店頭POPのワザ その2

かんなオッス!!

飲食店応援団、団長のキラほしかんなキラほしです。

 

 

今回は、前回お伝えした「店頭POP作りで大事な3つの事」を押さえつつ、パソコンを使って簡単に店頭POPを作るコツをお伝えいたします!

真っ白な紙を目の前にすると、どうしても何から書いていいのか分からないものです。
そこでまずは、前回お伝えした
・おすすめメニュー
・お客さんにオススメする一言
・メニューの写真かイラスト

を準備して、そのメニューの魅力を十分に引き出すPOPを作っていきましょう!!

 

1. テンプレートサイトを利用する

 

パソコンがあっても、1から全て自分の力だけでPOPを作るのはとても難しいことです。
ですから、まずはテンプレートサイトをチェックして、今回オススメしたいメニューの雰囲気にピッタリの素材を見つけましょう。

 

【全体のデザインをテンプレートから探す】


真っ白な状態では難しく感じるかもしれませんが、最初にテンプレートを選ぶと、自分が作りたいPOPのイメージがぐっと湧いてきます。

 

POP広告でステキな店作り
http://d-wae.com/p3/pop3.htm
こちらは、基本的なPOPのデザインをWordのテンプレートとして置いているサイトです。
少し変えるだけでそのまま使うことができるのも大きな魅力ですが、Wordをほとんど使ったことが無いという方のために、コチラ(http://d-wae.com/p4/tubo/pop4.htm)のページで使い方をとても丁寧に解説してあります。

 

ASKUL SPEED PRINT CENTER
http://spc.askul.co.jp/showin/pp2010_index.html
こちらはPowerPointのテンプレートを1,000点以上置いてあります。どれもプロの品質で、ダウンロードしたファイルをそのまま編集して、すぐにPOPとして使うことができます。

 

 

【ワンポイントアイコンを探す】

 

全体は白いままで、写真やメニューを目立たせて、ワンポイントだけ付けたい。
そういう時はこちらのサイトがオススメです。

 

ポップBOX
http://popdesignbox.blogspot.jp/
にぎやかで人目を引くアイコンを多数取り扱っているサイトです。POPを目立たせるために、ちょっとしたワンポイントにピッタリです。

 

イラストAC
http://www.ac-illust.com/
季節感あふれるものや、旬の食材など、さまざまなイラストがたくさんあります。こちらも、POPのワンポイントに加えると、ぐっと存在感が増します。

 

2. 配置を決める

 

テンプレートやワンポイントのアイコンを決めたら、POP素材は全て揃いました。
あとはこれを実際に並べて、POPを作っていくだけです。
写真をどれくらい大きくするか、伝えたい文字をどこに持ってくるか、悩み過ぎないように、けれどお客さんの目を引く為に、あれこれと考えてみてください。

安さがメインであれば、価格を一番大きく!!
商品のメッセージが一番なら、商品名や一言メッセージを一番大きく!!
いやいや写真が一番なら、どーんと大きく載せましょう!!

 

 

まずはメインを1つ決めて、まわりにその他の素材を肉付けしていくと作りやすいです。

 

 

3.色使いを決める

 

色によってPOPの見え方は大きく変わってきます。
お店のイメージカラーや、メニュー写真の色味を考えながら、伝えたいメッセージがしっかりと目立つメインの色を選びましょう。
また、
安さをイメージさせたいなら黄色
高級感を出したいなら
激しさや辛さをイメージさせたいなら

誠実さをイメージさせたいなら

がオススメです!!

 

しかしどれだけ目立たせたくても、1つのPOPに含める色は3色までにしないとメッセージが伝わりづらくなってしまいます
メインの色の類似色(赤がメインならオレンジなど)を多く使えばまとまった印象に、反対の補色(赤がメインなら青や緑)を使うとその部分だけ際立たせて見せることができます。

下記の色相環図では、
類似色は近くにある色、補色は反対側にある色として一目で分かるようになっています。

 

 

4.読み返してみる

 

実際にPOPができたら、一度しっかりと保存しましょう
パソコンでPOPを作る時の良いところは、再び似たようなPOPを作る時に、前のデータを再利用できる、という点です。
保存したら印刷して、実際に店頭に置いてみます。そうして、そのPOPを見たお客さんの気持ち、伝わりやすさ、来店してくれるかどうかを、お客さんの気持ちになって想像してみます。
可能ならば、POPを作ってから読み返す間に、別の作業を挟んで脳をリフレッシュすると、新鮮な気持ちでPOPを読み返すことができますよ!

 

 

5.POPの効果を観察する

 

さあ、POPを置いて営業をはじめましょう!!
その日、POPの前で立ち止まった人はいたか、POPに書いたメニューの売れ行きはどうか、心の片隅で気にしながら営業をしてみてください。
あなたがお客さんをご案内する立場なら、店頭で迷っている素振りのお客さんが居た時には、ゼヒゼヒ声をかけて入店を促してくださいね!!

 

 

 

6.明日のPOPの内容を考える

 

明日もまた、新しいPOPを作りましょう
別のメニューについてでもOK、同じメニューについて、別の切り口からPOPを作ってみるのも勿論OKです。
写真の確度、メッセージの中身、メニューのセレクト等、工夫したら効果が変わるかもしれないポイントはたくさんあります。


また、POPは飲食店だけではなく、スーパーやドラッグストア、家電量販店など、街の様々な店に置いてあります。
POPは、あなたの代わりに、店頭でお客さんへ最初のメッセージを伝えてくれる大切なツールです。

何回も試行錯誤をして、あなたのお店らしい素敵なPOPを作って、新しいお客さんをドンドン呼び込んでくださいね!!

 

まずはお気軽にお問合せください。

この記事のトラックバックURL
トラックバック