<< 株式会社NATTY SWANKYの田中代表に聞く!!『ファンくる』導入の決め手と店舗での活用ノウハウ | main | マシマシくんの飲食店食べまくり記録☆ 2016年10月戦 >>
2016.10.12 Wednesday

マレーシアで大人気の寿司店を探る!!〜”日本式を持ってくる” だけではない人気のヒミツとは〜

かんなオッス!!

飲食店応援団、団長のキラほしかんなキラほしです。

 

外食業界でがんばっている全てのお店が、

もっともっと元気でハッピーになるための情報をこまめに発信していきます。

 

さて今回は、我らが日本食代表、「寿司」が、海外で大成功している事例をご紹介したいと思います。

 

こちらのお店は「織部」。
マレーシア クアラルンプールの中心部。大型ショッピングモールから歩いてすぐの、高級マンションの1階に路面店として出店しています。

 

店内は、柔らかい間接照明や一枚板のカウンター等、日本らしさを十分に感じさせる作りです。さらに、ふかふかの椅子や綺麗なナプキン等、万国共通の「居心地の良さ」を感じさせます。

 

こちらのお店が最もこだわっているのは、もちろん、お出しするお寿司の品質。
大将 折付さんの確かな腕と経験、そして日々築地から空輸される新鮮な魚介類があってこそ、日本と同程度の「寿司店」を営むことができます。

 

大将の折付さん。もう一人の日本人寿司職人と一緒に、日々織部で寿司を握っています。

 

織部のお寿司。
東京銀座の高級寿司店にいるような、本当に美味しいお寿司をいただけます。

 

ただ、マレーシアのお客様、特に中華系のお客様が織部に求めるものは「寿司」だけではありません。日本食そのものがまだまだ珍しいマレーシア。その中で高級志向のお客様が織部に求めるのは、「寿司」だけではなく、「日本式の素晴らしいおもてなし」「日本の美味しいお酒」そして、「高級で美味しい日本食全体」と幅がとても広くなっているのです。


日本人なら、美味しいお寿司を食べたいときと、美味しい天ぷらを食べたいとき、そして美味しい懐石料理を食べたいときは当然お店を分けますが、その常識は私たち日本人だけのもの。
外国の方々から見れば、すべて同じ「日本の料理」というわけです。

 

そこでまず、現地採用したホールスタッフ(全員女性)は、店のユニフォームとして着物を着用します。

 

お客様の些細なニーズに応えられるように、常にお客様の近くで下げものやドリンクの様子に気を配ります。
また、おしぼりの交換や熱いお茶の提供等、日本の寿司店と同じサービスも行われます。

 

次に、ドリンクメニューです。

ドリンクは、日本で有名な各種ビール、日本酒、焼酎、梅酒が15種類ほど幅広く取り揃えられています。
またそれだけではなく、お客様の好みに沿うようにワインも赤・白・スパークリングが様々に揃えられており、お客様はお好きなワインを飲むもよし、日本酒とお寿司で舌鼓を打つもよしと贅沢な時間を楽しむことができます。

 

最後に、織部では寿司以外にも美味しい日本食をお出しするべく、寿司職人だけではなく、日本料理の板前も勤務しています。

 

板前により美しく盛り付けられた季節の焼き物。

 

寿司職人と日本料理の板前が同じ店に居ることで、西洋風の「コース料理」に慣れ親しんだお客様のために、「先付(前菜)」から「水菓子(デザート)」までの「日本食コース料理」として、寿司もその他の日本食も一緒にお楽しみいただけるようになっています。
(もちろん、寿司だけを楽しむこともできます)

 

こうして、クアラルンプール中心地で2014年12月に開業した「寿司 織部」は、寿司本来の品質にこだわりつつも、お客様のニーズに合わせて柔軟な対応や気配りを独自に編み出し、今ではクアラルンプール随一の人気寿司店として、日々活気に溢れています。

 

皆さまもクアラルンプールに行く時には、現地のお料理もおなかいっぱい食べると思いますが、ぜひ「織部」でも絶品の寿司と日本料理をお楽しみください!!

 

寿司 織部 (http://oribe-sushi.com.my/)

まずはお気軽にお問合せください。

この記事のトラックバックURL
トラックバック