<< 第2回 飲食店なんでも大調査!! 〜暴こう!!! みんなの「忘年会」の実態 〜 | main | マシマシくんの飲食店食べまくり記録☆ 2016年10月後半戦 >>
2016.11.11 Friday

実録!!店長成長物語☆〜若き店長の奮闘の記録〜

かんなオッス!!

飲食店応援団、団長のキラほしかんなキラほしです。

 

外食業界でがんばっている全てのお店が、

もっともっと元気でハッピーになるための情報をこまめに発信していきます。

 

ツトムかんなさんっ!僕すごく感激しちゃいました!!

 

 

 

かんな!?
今日はやけに感情があふれ出ているわね。
なにに感激してるの?

 

ツトム

なにって、前回のNATTY SWANKY 田中代表の言葉に決まってるじゃないですか!

『ファンくる』の結果は、店長やスタッフが【仕事を楽しんでいるか】【仕事にやりがいがあるか】の表れだと思います。

こんな風に『ファンくる』を考えてくれてるなんて。
僕、また一つ『ファンくる』の素晴らしさに触れられた気がします!!

 

かんななるほど。それでそんなに感激してたのね。
確かに田中代表のあの言葉は真理をついていたわね。私も勉強させてもらっちゃったわ。

 

ツトムでも、あそこまで活用できるようになるまで、
現場のスタッフさんたちも大変だったでしょうね。

 

 

かんなそうね。確かに、何事も最初が一番大変よ。

 

 

 

ツトムそこでかんなさん!

僕、気になったんで『ファンくる』の営業マンにお願いして、現場の方のお話を聞いてきたんです!

 

 

 

かんなあら!いいじゃない!
いったいどんな話を聞いてきたの?

 

 

ツトムはい!今回はお店を良くしようと頑張っている若き店長さんの奮闘の記録を取材して来ました!!

 

 

 

かんななるほど。
確かに一人ひとりの店長さんがどんなことをしているのかはすごく気になるわね。
ツトム君、グッジョブよ!!

 

ツトムありがとうございます!
では早速ご報告します!
これは、若くて真面目な店長さんのお話です。いつも頑張ってるんですが、なかなか『ファンくる』のお客様からの評価が上がらなかったそうです。

 

かんなうんうん、確かに頑張ってるのになぜか変化がないのはつらいわよね。

 

 

 

ツトムそうなんです。
そこで店長さんが『ファンくる』を改めて見返してみたところ、次のことが分かったんだそうです!

 

1、 テーマを決めて頑張ったところは次の月でしっかりと評価が上がっている。
2、 しかし、その後の維持、継続ができていない。

 

かんななるほどね。
スタッフさんたちも頑張っていて、ある程度の効果は出ていたんだけど、しっかりと習慣化ができていなくて、意識から抜けてしまうとまた元の木阿弥になってしまっていたということね。

 

ツトムかんなさん。

 

 

 

かんななに?

 

 

 

ツトムぼくがまとめようとしていたことを先に言わないでください!(泣)

 

 

 

かんなあ、ごめんなさい。
でもそんな泣かなくてもいいじゃない!

 

 

ツトムとにかく!今まで毎月テーマを決めて頑張っていたのですが、
この事実を知った店長さんは3ヶ月間1つのテーマをやりきることにしたんだそうです!

 

 

かんなほーぅ!!
確かに人間、習慣になるまでは3ヶ月継続する必要があるという説もあるくらいだからね。でもその3カ月間はずっと今までと同じことをやってたの?

 

ツトムいえ、店長さんが今までと変えたことがあるんです。
でもそれは、ぼくも「え?それだけ?」と思ってしまうようなことですごく意外だったんですが。

 

とにかく伝え続けることでスタッフさんに浸透させていった。

 

かんなへー。気になるわね。何だったの?

 

 

 

ツトム毎日の朝礼・夕礼でテーマを言い続けたんだそうです。

ぼくも飲食店のアルバイト時代そういえば夕礼をやっていたなーと、ふと思い出したんです。

でも、そこでは今日の予約の確認とか、接客用語の復唱とかをやっていただけで、改善のテーマなんて一度も話に出たことがありませんでした。店長さんはその朝礼・夕礼時に、3ヶ月間同じことを言い続けたんです!

 

かんな3ヶ月間同じことをね。

ちなみにその最初の3ヶ月間は何を伝え続けたのかしら?

 

 

ツトム『入店時の挨拶』です。
実は以前に取り組んだテーマではあったんですが、
まずは飲食店の基本であり、お客様のお店に対する第一印象が決まる挨拶を徹底的に良いものにしようとしたんです!

 

 

 

かんないいじゃない。入店時の挨拶って本当に大事よね。
このお店に期待できるかどうかが決まると言っても過言ではないわ。
お店に入ってやる気のない締まらない声で対応されると、のっけから残念な気持ちになるものね。

 

ツトムそうですよね。
しかも挨拶って改善するのが簡単なようですごく難しいんです。


挨拶はお客様が入ってきたときに絶対にするものですよね。

つまり習慣化されている度合いが非常に高いんです。それが良くない状態のまま習慣化されていると、変えていくのにはある程度の期間が必要なんだそうです。

 

まずは自分から「変えてやる!」という姿勢を見せる。

 

かんななるほどね。それで、その結果はどうなったの?

 

 

 

ツトムかんなさん、そんなに焦らないでください。
店長さんはもう一つやったことがあったんです。

 

 

かんなべっ、別に焦ってないわよ!!
もう一つあるならあるって早く言いなさいよね!

 

 

ツトムす、すみません。
で、もう一つなんですけど、これも店長さん頑張ったんです。
かんなさん、「元気よく挨拶しろ」って言われてすぐできますか?

 

かんな何を言っているのかしら。当たり前じゃない。
私はいつでも元気いっぱいよ!

 

 

ツトムすみません、質問する相手を間違えました。
かんなさんみたいなスタッフさんが大勢いればいいですけど、そうじゃない場合もありますよね。
なので、店長さんはまずは自分が先頭に立って元気で明るい挨拶を率先して行ったんだそうです。このお店の挨拶を変えてやるぞという気持ちをまずは自分が見せたんです!

 

かんななるほどね。まずは元気で明るい雰囲気を店長さん自ら作りにいったということね。
すごくいい店長さんじゃない!

 

 

ツトムはい!
ぼくもお話しを聞いていて、格好良い店長さんだなぁとほれぼれしちゃいました。

 

 

かんな確かに口で言うより実際にやって見せた方が早いことはあるわよね。
しかも、リーダーが率先してやってくれれば、スタッフさんたちも安心してそのあとに続くことができるわ。すごく頑張り屋で素敵な店長さんね!

 

ツトムそうなんです!!
それで、かんなさんお待ちかねの効果の程なんですが。

 

 

かんなうんうん。

 

 

 

ツトム見事3か月後には、元気で明るい挨拶が当たり前のお店へと変化を遂げたんです!
『ファンくる』の挨拶に関する設問の達成率もすごく高いものになって、「挨拶が気持ちよくて、入った時点でいいお店だなと分かった。」というようなコメントも多く見られるようになったんだそうです!

 

かんな素晴らしいわ!
店長さん自身が率先して店舗を良くしようと頑張って、それにスタッフさんたちが応えてくれた良いエピソードね。ツトム君、良い話持ってきたじゃない。

 

ツトムありがとうございます!
ぼくも今回このお話を聞けて良かったです。現場で実際に働く店長さんやスタッフさんのこういうエピソードを聞くと自分も頑張らなきゃって思いますよね!

 

かんなふふ。そうね。
世の中にはたくさんの店長さんがいるけど、一人ひとりそれぞれの改善の仕方があるってことね。これからもそういう話があったらたくさん持ってくるのよ!ツトム君!!

 

ツトムはい、かんなさん!!!

 

まずはお気軽にお問合せください。

この記事のトラックバックURL
トラックバック